人生の最後には「アーァ、楽しかった!」と言って終わりたい。 そんなことを思いながら、モゾモゾ、ゴニョゴニョと蠢く日々。


by bisukebiko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
BSA A65
garage
music
BMW R100
雑感
寄席
activity
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

Brit Brat トライア..
at 2016-11-05 19:36
4年ぶり北のバイクツーリング..
at 2016-08-29 16:28
4年ぶり北のバイクツーリング..
at 2016-08-28 11:32
4年ぶり北のバイクツーリング..
at 2016-08-26 05:09
4年ぶり北のバイクツーリング..
at 2016-08-24 01:53

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

下鴨一本松のMAPのこと 最終回 その頃の人と店

当時、1970年頃からカウンターカルチャーというかヒッピームーブメントというか、フォークやロックが流れる変わった面白いお店がどんどん増えてきた。
民家そのままを利用した「墳」、同志社の近くの
「縄文」、今出川の「ほんやら洞」、吉田には「ダムハウス」、、、etc.そしてライブハウス「拾得」、「磔磔」へと。
そう言えばその頃のMAPには初老の女装男性も時々来ていたなぁ。その人は当時多分60代くらいで、下鴨に住んでる堀さんという前衛茶道家ということだったが、なにしろ着物にしろドレスにしろいつも一分の隙もない程の見事な着こなしでオーラがモノ凄く、若い人の集まる店には必ず姿を見せていたので河原町界隈では有名な人だった。

ロック喫茶ではないけれど、前述のオープンして間もない「カルコ '20」に行った時には、オーナーのお二人からウィンナーコーヒーとワインをメインにしたい事、できれば自転車で来て欲しい事、カルコとは古いフランスの詩人の名前である事、「大人は判ってくれない」とチャップリンのポスターはわざとレンガの壁に糊付けした後また擦って古さを出した事、、、等、等、を教えてもらった。
岡崎の美術館の帰りにぶらぶらと歩いてカルコまで来て、ウィンナーコーヒーを飲みながら歪んだガラス窓越しに京阪電車の通り過ぎるのを眺める、なんてのは今にして思えば最高に贅沢で素敵な時間だったように思う。ましてや、BGMにはジャンゴとグラッペリ、奥のカウンターには憧れのアヤさんが座っている。。。
このカルコという店は、その後の自分の音楽傾向と、後に持つ事になる喫茶店のインテリアとに決定的に影響したなぁ〜。



by bisukebiko | 2016-06-25 13:36