人生の最後には「アーァ、楽しかった!」と言って終わりたい。 そんなことを思いながら、モゾモゾ、ゴニョゴニョと蠢く日々。


by bisukebiko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
BSA A65
garage
music
BMW R100
雑感
寄席
activity
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

Brit Brat トライア..
at 2016-11-05 19:36
4年ぶり北のバイクツーリング..
at 2016-08-29 16:28
4年ぶり北のバイクツーリング..
at 2016-08-28 11:32
4年ぶり北のバイクツーリング..
at 2016-08-26 05:09
4年ぶり北のバイクツーリング..
at 2016-08-24 01:53

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
日々の出来事

画像一覧

木曽路〜信州キャンプツーリング 1日目

8月20日から夏休みの連休をもらえたんでキャンプツーリングに行って来た。
ギリギリまで迷っていた不安材料は最近ずっと停滞している前線による天候不順。
やっぱり雷、集中豪雨、竜巻なんかが怖い!
行く先は漠然と信州を考えていたけど、先日の飛騨高山方面の雨の被害もあったので乗鞍方面は避けないと、、、平湯温泉はあきらめた。
以前T端さんが行った開田高原が良さそうなんで初日は開田高原キャンプ場を目的地に決めた。
長野方面の天気予報は21日から連日曇り一時雨、降水確率50%。
雨なら雨で温泉と蕎麦でも楽しもう、と割り切って行こう。
雷雨または大雨の注意報、警報が出たら宿を探す、これでいく!
d0249994_11525374.jpg

雨で冷え込んだ時のことも考えて、フリースやオールシーズン用ジャケット等も入れてたらめちゃくちゃ荷物が増えて重さが半端やない!
荷物積んだらセンタースタンドが下ろせなくて苦労した。
朝6時出発のつもりでいたのに荷物の積み込みに手間取り、結局出たのは7時過ぎだった。
少しでも下道で行くべく、途中峠経由で彦根ICから高速にのった。
d0249994_1271017.jpg

天気よもってくれ!
中津川で降りてからは19号中山道(木曽路)をずっと登って行く。
片側1車線でトラックも多くペースは上がらない。
見事な天竜川の景色を眺めながらクルマの流れにそって走る。
ゆっくり宿場町でも散策しながら行けばいいんでしょうが何しろ悲しいかな時間が限られている。
d0249994_12301013.jpg

木曽福島の道の駅でやっと天ぷらそばを食す。
味は、、、?
普通だった。

木曽大橋で左折して開田高原を目指す。
道は今までと打って変わって気持ちのいい快走路!
ちょっと寄りたくなるような蕎麦屋や地元特産品のお店がところどころにある。
d0249994_1237127.jpg

やっと開田高原の看板があった。
しかし目指すキャンプ場はもう少し先、「開田高原キャンプ場」という看板はどこにも出ていないので、さんざん探して、人に聴いたりしながらやっと着いた。
しかし受付には誰もおらず、ちょっと留守にしています、の表示があるだけ。
まぁまだ3時前やからなあ。
買い出しでも行くべ、と木曽大橋あたりまで戻って付近を走ってみる。
天気もだんだん良くなって来て御岳もくっきり見えるようになって来た。
d0249994_12572424.jpg
d0249994_12391872.jpg

開田高原アイスクリームもいただきました。
d0249994_12383727.jpg
d0249994_12375379.jpg

この辺りの道の両側にはコスモスが咲き、畑という畑には蕎麦の白い花が一面に広がっている。
高い空とススキがいやでも秋を感じさせてくれますなぁ。

4時半頃にキャンプ場に戻ってもまだ管理人は帰ってない。
1人だけクルマでテント張ってる人に訊いたら、誰もいないんで勝手に張ってます、とのこと。
私も勝手に張らせてもらいました。
d0249994_1375872.jpg

このキャンプ場、炊事場、トイレ等あまり整備してなく荒れ放題って感じで野趣にあふれてる。
決して不潔って言うのではなく、朽ち果てつつある、っていう感じかなぁ、、、。
女性と子供は絶対無理やろなぁ。
陽が陰って来た頃管理人のおじさんはやって来た。
方言のきついぶっきらぼうな言い方の人、でも水場とトイレの電気は付いた。
暗くなる前に1km程離れたやまゆり温泉で汗を流す。
空気に触れると茶色くなる温泉らしく茶色いお風呂、蛇口から出るお湯は透明だが洗っただけで身体がすべすべしてくる。
舐めると鉄分の味が強く、なかなかいい感じだ。
暖まった身体にキャンプ場まで帰る高原の冷たい風が心地よかった!

このキャンプ場は直火もいいらしいのだがまわりの木は全部湿ってるし、
焚火する気はなかったので新聞紙も炭も持って来ていない。
火を起こすのはあきらめランタンだけの暗い中でスパゲッティ作って食べた。
新聞くらい持って来なかったのは不覚だった。
[PR]
by bisukebiko | 2014-08-23 13:30 | activity